朝が弱くて目覚めが悪い。その原因は朝食にアリ!?

朝食ビュッフェ
訪問ありがとうございます。

この記事がすこしでもお役に立てたなら

ブログをシェアしていただけるとうれしいです!

12月に入り、一段と寒くなって来ましたね。

朝、おふとんから出られなくて困っちゃいます。

ちなみに、わたしがプラセンタサプリを体験レビューする中で、いちばん多く感じた効果は「朝の目覚めが良くなった」ということです。

良い一日を過ごすには、朝の行動がとっても大切。

気持ちよく目が覚めることができれば、まいにちが素敵な一日になることまちがい無しです!

もちろん、そのためには質の良い睡眠が絶対条件。

で、ここからが本題。

じつは・・・

朝食(朝ごはん)

が質の良い睡眠とおおきく関係してるって、知ってました?

今回は朝ごはんと良質な睡眠のお話です!

体内時計のサイクル

突然ですが、体内時計ってことばを一度は聞いたことあると思います。

わたしたちの身体には、覚醒(目覚め)と睡眠(眠り)を切り替える、体内時計という機能が備わっています。

朝、目覚めると「覚醒」して、夜になると「睡眠」へと切り替わり、わたしたちは眠くなります。

眠くなる原因は、たま~に耳にすることがあるメラトニンってやつですね。

メラトニンの分泌がはじまると、わたしたちは眠くなります。
このメラトニンの分泌は、覚醒から14~16時間後だと言われてます。

覚醒(朝の目覚め)
メラトニンの分泌がストップ

 

下矢印

14~16時間後、
メラトニン分泌スタート

睡眠(夜の眠り)

かんたんに言っちゃえば、
このサイクルを体内時計で管理してるってワケです。

勘のいい人は気づいたかもしれませんが、朝にからだが「覚醒」しないと夜になっても眠くならず、質の良い睡眠を取ることができません。

つまり、

朝にしっかりとからだを覚醒させる必要があるってことです!

朝、からだを覚醒させる2大要素

【要素1】太陽の光

太陽光

【要素2】朝食

朝食和食

まず朝起きたらカーテンを開けて太陽の光をあびましょう。

すると体内時計がリセットされ、メラトニンの分泌がストップします。

ただし、これだけだとまだ不十分。

そこで必要なのが、朝食。

朝ごはんを食べることで、胃腸を始めとする内臓が活発に動きはじめます。

これでからだが完全に覚醒するってワケです。

朝8時に体内時計をリセットして覚醒すれば、夜22~24時頃にメラトニンの分泌が高まって眠くなります。

太陽の光を浴びて、朝ごはんをしっかり食べて、良質な睡眠を心掛けたいですねっ(^^*

1番目覚めが良くなったサプリはこれ!

この記事が役に立ったら
いいね!しよう

訪問ありがとうございます。

この記事がすこしでもお役に立てたなら

ブログをシェアしていただけるとうれしいです!

ランキングボタン

コメントを残す